社会人のみなさん毎日忙しい仕事ご苦労様です。

ストレスは誰もが感じているものですが、ストレスを抱えすぎてしまうと体中に変調をきたします。

ストレスと抜け毛の関係

自律神経の乱れと抜け毛の関係

まずは「抜け毛」にもっとも影響するストレスによる「自律神経の乱れ」について話そうと思います。

abstract-1588720_640

自律神経とは?

自分の意思とは関係なく、刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしている神経で、「交感神経」と「副交感神経」の2つがあります。

 

「交感神経」は主に昼間働いています。また仕事や運動などストレスや緊張するときも働きます。

血管は細く収縮しています。血流は主に筋肉に行き、体全体としては血流は悪いです。

 

「副交感神経」は主に夜働いています。また入浴中や食事中も働きます。

血流がよくなり、胃や腸の動きが良くなって、栄養の吸収や老廃物を排出します。

食後眠くなるのも「副交感神経」の働きによるものです。

今の人はストレスの多い社会で暮らしているので、「交感神経」の働きが強く、「副交感神経」の働きが弱い傾向にあります。

「交感神経」>「副交感神経」のアンバランスが抜け毛につながります。

  • 頭皮の血行が悪くなるので育毛不良になる。
  • 栄養の吸収が悪くなるので育毛不良になる。
  • 眠れなくなったり睡眠の質が低下して、睡眠中に分泌される「成長ホルモン」が低下するので育毛不良になる。

コラーゲンの減少と抜け毛の関係

人間はストレスを感じると副腎から「抗ストレスホルモン」分泌してストレスを緩和しようとします。

「抗ストレスホルモン」を作るには「ビタミンC」が使われます。

過剰なストレスを受ければ「抗ストレスホルモン」が大量に必要となり「ビタミンC」を大量に消費してしまいます。

「ビタミンC」は頭皮の「コラーゲン」を作るのに必要なのですが、2016年東京医科歯科大が「コラーゲン」の減少は薄毛になると発表しました。

ストレス⇒抗ストレスホルモン(ビタミンC使用)⇒ビタミンC減少⇒頭皮のコラーゲン減少⇒抜け毛

タバコと抜け毛の関係

ストレスや疲れが溜まると普段よりタバコの量が増えるという人は多いです。

cigarette-110849_640

血流の収縮

タバコを吸うとニコチンが頭皮の血管を収縮するため、血流を減少させますので栄養が髪まで上手に運ばれないので育毛不良になります。

ビタミンEは血流を良くするのですが、ビタミンEがニコチンによって破壊されるので血流がさらに悪くなります。

AGA

AGAとは男性型脱毛症のことで最もポピュラーな男性の抜け毛の原因です。

タバコを吸うことで、ジヒドロテストステロン(DHT)の男性ホルモンが増加してAGAを発症しやすくなるとの研究結果がアメリカのハーバード大学から発表されています。

ビタミンCの不足

先ほどビタミンCはコラーゲンを作るのに必要と書きましたが、タバコを吸うとビタミンCの吸収しずらくなり、代謝が多くなります

タバコを1日に1箱吸う人は、吸わない人の40倍もビタミンCが消費されてしまうといわれています。

ビタミンC不足⇒頭皮のコラーゲン減少⇒抜け毛

お酒と抜け毛の関係

martini-1117932_640

ストレスが溜まるとお酒を飲んで解消しようとする人がいると思います。

お酒を飲むと体内で「アセトアルデヒド」に分解されるのですが、このときビタミンCを消費します

お酒の強い人はアセトアルデヒド脱水素酵素多くあるので問題ありませんが、お酒の弱い人はアセトアルデヒド脱水素酵素が少ないので代用としてビタミンCを消費して「アセトアルデヒド」を分解します。

お酒を飲む⇒アセトアルデヒドをビタミンCで分解⇒ビタミンC不足⇒頭皮のコラーゲン不足⇒抜け毛

 

また多量にお酒を飲むと体内の「アセトアルデヒド」が分解しきれないということが起こります。

アセトアルデヒドにはDHTを増加させる作用があり、AGA(男性型脱毛症)を発症しやすくなります。

ストレスの抜け毛対策

自律神経の乱れ対策

今の人はストレスの多い社会で暮らしているので、「交感神経」の働きが強く、「副交感神経」の働きが弱い傾向にあります。

「副交感神経」を強めるか「交感神経」を弱める対策をします。

睡眠をとる

baby-1151351_640 (1)

睡眠中は「副交感神経」が一番強まる時で、質の良い睡眠はストレスを解消する大きな役割を担っています。

また寝ている間に分泌される「成長ホルモン」は髪や頭皮に良い影響を与えるので抜け毛対策になります。

睡眠を一定時間取っていても、眠りが浅いとストレスは減りにくいです。

湯船につかる

bath-1517726_640

39~40℃の湯船につかると、「副交感神経」を強めます。

血行促進に繋がるので抜け毛対策にもなります。

シャワーだけですと交感神経を強めてしまうので注意してください。

ビタミンC不足対策

先ほど説明した通りビタミンCの減少は抜け毛につながります。

ビタミンC減少⇒頭皮のコラーゲン減少⇒抜け毛

ビタミンCの消費を少なくする

タバコをやめる

ビタミンCを大量に消費するし、血流が悪くなるし良いところが一つも無い。

お酒はほどほど

飲みすぎはビタミンCを消費するし、AGAを発症しやすい。

ストレスを少なくする

ストレスの解消は難しいかもしれませんが、頭髪と健康のため努力する価値があります。

ビタミンCのを補給する

vegetables-752153_640

ビタミンCは必要以上摂取しても体から排除されてしまうので貯めて置けません。

こまめに補給する必要があります。

ビタミンCが多い食材は、

パプリカ

パセリ

ゴーヤ・ピーマン

レモン

キウイフルーツ

 

普段の料理ではピーマンが使いやすくおススメです。

またレモンは料理の最後に絞って使うと手軽にビタミンCを補給できます。

食事でビタミンCを摂取するのが難しい人はサプリに頼っても良いと思います。


また東国原英夫さんが使用していて話題になっている「ビタブリッドC」という新しいアプローチの育毛剤があります。

ビタミンCを浸透させることによって頭皮のコラーゲン生成を促すので抜け毛・育毛に効果あり、ストレスが原因の抜け毛にぴったりな商品です。